国際線オーバーブッキング 体験談 対処どうする?その2

 

国際線オーバーブッキング 体験談 なぜ?どうする?その1の続きです。

www.live-elegantly.com

 

 

オーバーブッキングで延泊時の手続き

オーバーブッキングで飛行機が乗れなかった時には基本的に以下の流れで手続きが進みます。

① パスポートと予定していた航空券を出し、振替便を用意してもらう

② 今晩宿泊するホテルを要望&手配してもらう

③(経由地であれば)空港外に出るために、入国審査を行う

④ 飛行機に積んであった荷物を受け取る

⑤ 航空会社が手配した車やタクシーでホテルまで移動する

一見すぐ終わる手続きのように見えますが…私の場合、深夜のフライトだったこともあり、結局、すべての手続きが終わったのは、3時間後…そこからホテルまでなんと、車で50分間も移動…。眠りについたのは朝方でした。

致命的な確認不足:イスタンブール「県」の4つ星ホテル

ちなみに、この確認の中で一つ致命的な確認不足をしてしまいました。。。ターキッシュエアラインの担当者からは、手配するホテルはイスタンブールの最低でも4つ星以上のホテルであると聞かされていました。
 
アヤソフィアがまたみられる!少なくとも4つ星ホテルに泊まれる!と、喜んでいたのですが、一つ落とし穴がありました。。。!
 
・手配された4つ星ホテルの位置
  A: 4つ星ホテルの位置
  B: 見たいと思っていたアヤソフィア

 
てっきり、イスタンブール県イスタンブール都市圏にあるホテルだと思ったのですが、手配されていたのは、イスタンブール県の郊外にあるホテルでした。
(ホテルからアヤソフィアまで公共交通機関を使うと、1.5時間かかります。。!)
 
確かにイスタンブール都市圏にある4つ星ホテルとは言われていなかった。。笑
 
皆さんが、ホテルを手配してもらうときには、どこのエリアのホテルなのか必ず確認(あるいは要望)することを強くおすすめします(笑)
 
最後の一日をホテル近郊のエリアで過ごすかとも思ったのですが、ホテルの周りには何も観光地がなかったので、イスタンブール都市圏までタクシーで向かい、ボスポラス海峡クルーズ等を楽しみました♪

f:id:chinataro:20190824012148j:plain

 
オーバーブッキング体験談:帰国してから必ず行うこと
・補償金の受け取る手順を確認する。

帰国したら、まず航空会社の日本カウンターにて、補償金の受け取る手順を確認してください。私たちの場合、到着時は20時頃で、ターキッシュエアラインのカウンターはすでにしまっていたのですが、空港のInformationに相談して、係の方を呼んでいただきました。

 

英語ではわからなかった細かい部分も、このタイミングで日本語で確認しました☆
・旅行会社・海外保険会社に申請できる補償を問い合わせる。
意外と忘れがちですが、航空会社からの補償以外に、海外保険・旅行会社会社に申請できる可能性があります。『旅程保証』に関する補償が受け取れるか等を確認してください。
 
もし募集型旅行でオーバーブッキングに遭い、飛行機に乗れなかった場合は『旅程保証』の対象です。1日帰着が遅れた場合も、もちろん補償金がもらえます。旅行会社から声をかけてくれることはないので、自分で帰国後請求をして下さい。
 

マメ知識:募集型企画旅行・旅程保証とは?

少しマメ知識になりますが、「国内旅行業務取扱管理者」という旅行関係の資格試験でも扱っている内容です。

募集型企画旅行
旅行会社が作成したプランに申込をして参加する形式の旅行のことです。だいたいのツアーがこれに当たります。当てはまらないものは「受注型企画旅行」。修学旅行などのお客さんの要望に応えて作っていくプランは受注型企画旅行です。
旅程保証

募集型企画旅行および受注型企画旅行において、契約どおりにサービスの提供がなされなかった場合に、旅行会社が旅行者に対し補償金を支払うというものです。

これらのことは、私が旅行業務取扱管理者の資格試験を受ける際に勉強しました。

 

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

www.live-elegantly.com

 

補足:国内線でオーバーブッキングした場合はどうなるの?

JAL・ANAともに公表していることは、日本ではオーバーブッキングではなく、「フレックストラベラー制度」と名付けています。別便への変更に協力してくれたお客さんには下記の「協力金」やマイルを渡しています。

  • 当日便への振り替え:1万円または7500マイル
  • 翌日便への振り替え:2万円または15000マイル

仕事などで延泊はできない・・!少しでもオーバーブッキングのリスクを減らす方法

下記はあくまで私や、私のような経験者のオススメです。すべてを防ぐことはできませんが意識しておくと旅行中のトラブルにも少し安心できると思います。

  • 予約が多い事が分かっている時期は、早めに空港に行く
  • 座席を指定しておく
  • WEBチェックインができる場合はしておく
  • グレードの高いチケットを購入する。※オーバーブッキングした際、グレードの低いチケット(格安航空券)からは優先的にはじかれる可能性が高い。

オーバーブッキングというレアな体験を楽しむ!

私は日程に余裕があったから言えることでもあるのですが、、今回のオーバーブッキングがあったおかげで、経由地に入国出来て、観光出来て、お金も貰えてラッキーな経験でした。今度から、オーバーブッキングが発生することも考慮して、経由地を決めそうです笑

 

時間に余裕があれば、オーバーブッキングで延泊することも良い経験になると思います☆

 

以上です。

 

実際の現金支給のための手続きや支払いまでの流れはその3にまとめています。

よろしければご確認ください。

 

www.live-elegantly.com

 


にほんブログ村 旅行ブログへ    にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ    ブログランキング・にほんブログ村へ