【タリン⇔ヘルシンキ】タリンクシリヤライン、ヴァイキングライン、エッケローラインの比較

こんにちは。今回の北欧旅行では、タリンとヘルシンキ間のフェリー移動についてまとめました!ヘルシンキに行く際、ヘルシンキに滞在するのもいいかもしれませんが、1日はタリンに向かうこともおすすめです。ヘルシンキからタリンは空路で35分程度!の距離の近さです。時間に余裕があれば、ぜひタリンにも滞在することをおすすめします。今回は、フェリーでの移動方法についてまとめました。

f:id:chinataro:20190910002252j:plain

 

空路VS航路のメリット・デメリット

空路で行くと直行便で35分ですが、逆に短時間過ぎてわちゃわちゃしてしまうことや、そもそもヘルシンキ空港がヘルシンキ中央駅まで40分程度かかる点に注意が必要です。

一方でフェリーの場合は、安値の選択肢もありますし、移動の最中もアクティビティの一環として楽しめます。個々人の好き嫌いがあると思いますが、私は今回フェリーを選択しました。

タリン⇔ヘルシンキ間のフェリー会社の比較

タリンとヘルシンキを結ぶフェリー路線は、「タリンクシリヤライン」「ヴァイキングライン(バイキングライン)」「エッケローライン(エッケロライン)」の3つです。以前まではリンダラインという他のフェリーに比べて移動時間が短いフェリーがあったのですが、2019年6月に航路が終了しています。残念ですね…

◆独断と偏見でまとめる各フェリー会社の情報まとめ

  フェリー会社 設備※1 本数 時間 ヘルシンキ発着場 タリン発着場
1 タリンクシリヤライン 1日10本以上 2時間 West Terminal D Terminal
2 バイキングライン 1日3本程度 2時間30分 Katuddens Terminal D Terminal
3 エッケロライン 1日3本程度 2時間15分 West Terminal A Terminal

※1 設備については、船内の設備を表しています。ヴァイキングラインはタリンクシリヤライン(Starレベル)や、エッケローラインと比較すると船内のレストランの数などを考慮して決めました。(2019年8月時点)

フェリー会社の費用まとめ

皆さんが一番気になるであろう費用についても会社別にまとめたかったのですが、チケットによって費用の変動が激しすぎて、まとめられませんでした。(まとめても間違った情報になりそうなので。。)

 

ですので、実際の費用については直接フェリーを予約する際に確認してください。予約は日本語で検索もできるDirect Ferriesというサイトを利用するのがおすすめです。路線(今回の場合ヘルシンキ⇔タリン)、予約者の人数、年齢、車両を運搬するかどうかを選ぶだけです。

ヘルシンキとタリンの発着場所一覧

フェリー会社によって、発着場所が微妙に異なります。どの発着場になるかによって、その前後の観光スポットの回り方が変わると思いますので、事前に下記をご確認ください。

ヘルシンキ

- West Terminal=青色

- Katuddens Terminal=黄色

タリン

- D Terminal=赤色

- A Terminal=緑色

単純な地図の距離でいうと、ヘルシンキ中央駅に近いKatuddens Terminalの方が僅かにアクセスが良さそうですが、West Terminalもかなり多くのフェリーが出発しているため、アクセスのしづらさは特に感じませんでした。

おすすめのフェリー会社「タリンクシリヤライン」

あくまでも個人の意見ですが、2019年8月時点の自分の体験を考えると、タリンクシリヤラインがおすすめです!

タリンクシリヤラインのおすすめポイント

- 船内の設備が充実している ※2019年8月時点

- 航海時間が一番短い

- 本数が多いため、柔軟にスケジュールが組みやすい。

- 事前に予約すれば、安値のチケットも手に入る!

 

ちなみに、JALマイレージバンクユーザーの場合、タリンクシリヤラインに乗船することでさらなる素敵な特典が付いてきます。

タリンクシリヤラインにはJALマイレージバンク所有者の特典もあり!

2020年3月31日まで、JALマイレージバンク所有者の方がタリンクシリヤラインに乗船された場合、以下の2つの特典がつきます。JALマイレージバンクユーザーは絶対にタリンクシリヤラインに乗船することをおすすめします!

1. 船内ショッピング8%引き!

2. (ヘルシンキ-タリン間のみ)コンフォートラウンジ付き)の往復券が48ユーロ!

 

船内ショッピングをする方はそんなに多くないでしょうが、コンフォートラウンジ付きのチケットが48ユーロなのはかなりお得です!

コンフォートラウンジとは、24ユーロで利用が可能となる有料ラウンジです。眺望の良いラウンジにて、ソフトドリンクやスナック類、テレビ、雑誌類などを無料で利用することができます。

どのフェリーも乗客で満員になることはなかったですが、それでも良い席は競争になってしまうので、コンフォートラウンジが利用できるのはかなりの利点かと思います!

 

キャンペーンの詳細は、JALの公式HPをご覧ください。

ちなみに、ヘルシンキからストックホルムもフェリーで移動しています。

興味がありましたら、下記から記事をご確認ください。

www.live-elegantly.com


にほんブログ村 旅行ブログへ    にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ    ブログランキング・にほんブログ村へ