コペンハーゲンの移動はレンタルサイクルで!電車やバスでなく自転車をオススメする3つの理由

今回、世界一の自転車都市といわれるコペンハーゲンでレンタサイクリングしてきました!

コペンハーゲンは世界一の自転車都市!

- 自動車の数が120,000台に対し、自転車の数は650,000台!

- 通勤者の41%が自転車を利用!

- コペンハーゲンの自転車道は454km!(東京から京都並みの長さです。)

レンタルサイクルで観光しようと思った理由

f:id:chinataro:20190829231718j:plain

今回、コペンハーゲン市内観光では、「自転車」をメインの移動手段にしました!自転車をメインの移動手段にするのは、数ある海外旅行の中でもこれが初めてです。

私が自転車旅を決めた理由は3つです。

1) コペンハーゲンの公共交通機関は、初乗り料金が500円程度と高い

コペンハーゲンで公共交通機関を使うと、ゾーン別に費用が加算されます。基本的に市内の観光であれば、1つのゾーンで完結するのですが、その費用は片道500円程度。下車後もチケットは1時間有効ですが、観光スポットを回ると1時間以内に再び乗車することは難しいですよね。よって1つのスポット訪れるのに往復で1,000円かかります。

2) 電車や地下鉄の駅が案外遠い

コペンハーゲンで公共交通機関を使って観光するなら、City Pass(1日券)を購入するのがオススメです。例えば、1日券=約1,500円程度です(2019年9月現在)。
驚いたのが、電車や地下鉄の駅から観光スポットまでの距離が遠いこと…!
コペンハーゲン市内での電車や地下鉄(メトロ)の路線図を簡単にまとめてみました。

電車や地下鉄を使っても、その後また少し観光地まで徒歩10分程かそれ以上歩く必要があります> <

バスの路線網は発達していますが、バス停を探す時間やバスの待ち時間があれば、自転車で次の目的地に到着できるのでは〜?と思いました。それくらいコペンハーゲンの市内はコンパクトに作られています!

3) コペンハーゲンの自転車文化を堪能できる!

エコロジー先進国のコペンハーゲン市民にとって、自転車はメインの移動手段なのです!コペンハーゲン地元文化を自分でも体験してみたいと思いました!プロフィールにも書きましたが、私の旅行スタイルは「体験」がメインのため、現地の自転車文化の体感は外せませんでした!

 この写真をご覧ください。お店はミシュランガイドに載っている有名なお店です。お客さんも見ての通り自転車でお食事を食べに来ていることがわかります。私も自転車で行ってみました~(笑)

f:id:chinataro:20191020224025j:plain
実際に自転車でコペンハーゲンを颯爽と回るのは気持ちよかったです〜♪自転車だけで通行できる「Bike Lane」もコペンハーゲンにはあるのですが、自転車を乗る人にだけ見られる素敵な景色がたくさんありました!

おすすめサイクリングマップ

コペンハーゲン市内の有名観光スポットをなるべく回りつつ、個人的に景色が良いルートを選びました。

これが私のサイクリングルートです。

レンタルサイクルの費用(相場)

 1時間  :30KK~
 8時間  :90DKK~
 24時間:120DKK~

ホテルでレンタルサイクルしよう!

まずは滞在するホテルで自転車がレンタルできるか確認してみましょう!

なぜなら基本的に、ほとんどのホテルでレンタルサイクルが借りられる、あるいは提携している民間のレンタルサイクル会社を紹介してくれるからです。

ホテル関連の自転車の場合、質の良い自転車の可能性が高いですし、万が一トラブルにあってもしっかり対応してくれることが多いです。

またホテルで自転車を借りる場合、基本的には1時間ことに借りることはできません。

半日あるいは1日借りる形になると思います。旅行者にとっては、レンタサイクル屋さんまでの交通費や移動時間を考えると、ホテルで借りる方が割安になると思います♪

ちなみに私たちはCopenahgen Centaral Stationから徒歩5分のWake Up Copenhagenというホテルに泊まりました。

f:id:chinataro:20191020223912j:plain

これがホテルのレンタサイクルです。新しい自転車でかつギアもついていて、快適なサイクリングができました!余談ですが、夕方は冷え込んでくるのでストールがあると安心☆

格安!街のレンタルサイクルショップ

ホテルで自転車がレンタルできない場合、民間のレンタルサイクル会社を利用しましょう!自転車都市コペンハーゲンだけあって、レンタルサイクルショップの数は多いです。

その中でも評価の高いレンタルサイクルショップの場所をまとめました。

基本的には、どのレンタルサイクルショップも評判のよい所なので、滞在ホテルから近いアクセスのよい所を選んでください。

2日以上、レンタサイクルする場合には、ホテルで一日ずつ借りるよりもお得な料金になると思います。

気軽に時間制で利用可能! レンタサイクル「Bycyklen」、「Donkey Republic」

街のレンタサイクルのデメリットは、お店まで足を運んだり、営業時間以内に戻さないといけないという点。旅行は時間が読みづらいので非常に便利でした!

BycyklenとDonkey Republicというのは、街中に点在する所定の駐輪場から、自由に時間制で借りられるレンタサイクルです。こちらは仕組みさえ理解すれば便利です!

1) 公共レンサイクルのBycyklen

費用:1時間 30DKK~

メリット:ナビゲーションシステム※&電気モーター付き

デメリット:車体が非常に重い。

※正直、Google Mapの方が精度は高いと思います・・

Bycyklenの利用方法

1) スマホのアプリからBycyklenのアカウントや支払い方法を登録

2) アプリあるいはWebsiteから自転車を探す

f:id:chinataro:20190829235450p:plain

3) 自転車についているディスプレイやアプリで該当する自転車へログイン

4) 利用後はBycyklenステーションあるいはドロップゾーンに返却※

 ※Bycyklenステーションが満車の場合は25m以内に停車することもOKです。満車でない際にBycyklenステーション以外に止めると追加費用(50DKK)が課せられます

 ※ドックステーションは自転車止めがある自転車置き場ですが、ドロップゾーンは自転車止めのないエリアです

2) 民間のレンタサイクル「Donkey Republic」

費用:15DKK/15分、100DKK/1日、230DKK/3日以内

メリット:料金設定が幅広い!

f:id:chinataro:20190830000757p:plain

                        出典:Doneky RepublicのHP

Donkey Republicのホームページが分かりやすかったのでそのまま転載していますが、長時間借りれば借りるほどお得です!

最短15分から。複数日利用する場合でも、町のレンタサイクルとほぼ変わらない費用で利用可能です。まず観光地で自転車で走るのは怖い、という方にはまずこのDonkey Republicを利用されることをおすすめします!私も最初30分走ってみて、自転車でコペンハーゲンを走るのが気持ちいい!と思い、1日レンタルすることにしました!

デメリット:アプリの反応がたまに遅い。私は携帯を再起動したらうまくいきました。 

Donkey Republicの利用方法

1) スマホのアプリからアカウント作成&支払い方法を登録

2) アプリを元にピックアップポイントで自転車を見つける

 f:id:chinataro:20190830005331p:plain 

上のように自転車が借りられるスポットが地図上に示されます(Donkey Republic画面)

3) アプリを操作して、自転車をアンロック

4) 利用後は、Drop-Off Areaにバイクをロックして返却。

以上です。

ちなみに、公共交通機関を活用しながら観光される場合にはコペンハーゲンカードがおすすめです☆コペンハーゲンカードについては下記記事を参照ください!

www.live-elegantly.com


にほんブログ村 旅行ブログへ    にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ    ブログランキング・にほんブログ村へ